四十九日お返し大特価販売。納骨・埋骨

四十九日お返し人気の品通販
株式会社マツザワ お支払い方法
決済方法 カートを確認
HOME 選べるラッピング 選べるメッセージカード お支払方法 送料 返品・交換 会社概要
四十九日お返し人気の品通販 > 納骨・埋骨

納骨・埋骨までのまつり方

神式の納骨・埋骨までのまつり方

神式の場合もお骨を自宅に安置してある間は、霊前に榊・花・ロウソクなどを飾り、洗米・塩・御神酒・果物・菓子・故人の好物を供えます。毎日、水のほかに小さな木皿を供えることもあります

キリスト教式の納骨・埋骨までのまつり方

キリスト教式では、納骨・埋骨のときまでお骨の前に花やロウソクを飾りますが、供物には決まりがありません。

仏式の納骨・埋骨までのまつり方

火葬後お骨を自宅に安置してある間は、朝夕供養します。自宅での供養は、仏壇の前や床の間などに白い布を覆った小机を用意して、遺骨・遺影を安置します。仏式では遺影の前に位牌を置き、樒・線香・ろうそくなどを飾り、いただいた菓子や果物、故人の好物などを供えます。水、ご飯は毎日供えます。四十九日(宗旨によっては三十五日)までは弔問客も多いものです。喪家では、この間はいつ弔問客があってもあわてないよう、納骨・埋骨したあとも、一部屋に遺影を飾って弔問客をお通しできるようにしておきます。
納骨・埋骨後は、仏壇に位牌を納め、お参りをします。

分骨する場合

分骨の必要があるのは、郷里が遠くて、そこに近親者や親類が多く住み、法要のたびに墓地まで出向くのが困難だからとか、故人の親がどうしても同じ墓に葬りたいという場合などです。分骨したいときは、火葬のときに骨壷を二つ用意してもらうよう葬儀社に頼み、火葬場で分骨するのがいちばんよい方法です。火葬場で分骨しなかったときは、寺や神社に頼んで分骨してもらいます。家庭で分骨することはしません。分骨の際には、なるべく僧侶などに読経してもらうとよいでしょう。なお分骨を忌み嫌う人もいますが、仏教では釈迦の骨は八ヶ所に分骨され、弟子たちの手でそれぞれ手厚く供養されているところからも、分骨はいけないとされる理由はありません。神式やキリスト教においてもとくに協議のうえから分骨を禁ずる考え方はないでしょう

埋骨について

遠隔地に埋骨する場合

郷里の墓などに葬るためにお骨を遠くまで運ぶときは、もっとも血縁の深い人がお骨を持つようにして二人以上で行きます。お骨は両手でしっかりと持ち、椅子の上に置いたり、網棚の上にのせたり不謹慎なことはしないようにします。席を離れるときは、同行者に手渡します。これは万一に備えてそそうのないようにとの配慮です。車中などの服装は、本来なら喪服ですが現在ではそれほどにすることもなく、現地で埋骨するときにだけ準喪服程度のものを準備して着用すればよいでしょう。

埋骨式(納骨式)通知する範囲

埋骨・納骨には遺族・近親者・親しい友人・知人が立ち会うのが普通です。埋骨(納骨式)の時間と場所を連絡して列席を依頼しておきます。

仮納骨と永代納骨

お骨は、家事や地震など不慮の災害を考えて、あまり長く家に置かないほうがよいといわれます。おそくとも一年以内には収めるべき場所に安置したいものです。しかし新しく墓地を求めて墓を作る場合など一年以上も埋骨できないことがあります。この場合には納骨堂に仮納めしておきます。納骨堂は、寺や大きな墓地(霊園)のあるところにはたいていあります。
また永代納骨といって、墓を作らず納骨堂に納めてしまうこともあります。とくに最近は土地不足から、墓地の代わりに集会式の大きな納骨堂が公営、私営ともに建設されるようになり、ここに永代納骨する家も多くなっています。

納骨・埋骨の時期

仏式ではふつう火葬にしたお骨をいったん自宅に安置し、初七日から四十九日までの七日目ごとの法要のうちで、都合のよい日に納骨・埋骨することが多いようです。一番多いのが四十九日です。しかし葬儀のため遠くから肉親や近親者が出向いてきたときなどには、火葬が終わったらすぐに墓地に埋骨することもあります。また火葬が終わったらその夜だけ自宅で法要し、翌日には寺の納骨堂に預けて毎日の供養を依頼し、三十五日か四十九日に埋骨することもあります。また仮納骨した遺骨は、一周忌または三周忌に埋骨することが多いようです


神式、キリスト教式の納骨・埋骨

神式、キリスト教式では本来が土葬で、葬儀の日に埋葬をすませていました。しかし現在は火葬がほとんどのため、神式では十日目ごとの霊祭の日に納骨・埋骨することが多くなりました。一番多いのが五十日祭です。キリスト教のカトリックの場合は、七日目の追悼ミサの日か翌日の召天記念日、プロテスタントでも翌日の召天記念日などを選んで納骨・埋骨します。


埋骨式(納骨式)に準備するもの

埋骨式(納骨式)に必要とするものは、仏式では線香の道具・花・マッチ・線香・線香をつけるためのロウソクを一本・水(桶に入れてひしゃくを添える)などですが、都会の墓地では、墓地の中の花屋で全部借りることができます。
神式では焼香や線香のかわりに玉串をささげ、キリスト教では献花をするわけですが最近はほとんどないようです。
そのほか用意するものは、僧侶や神職・神父・牧師などへの謝礼と墓地の管理人や茶店の接待係への心づけです。地方によっては四十九個のだんごを供えるところもあります。
また火葬場で渡された埋葬許可証は、墓地へ埋骨したり納骨堂へ納骨するときに必要ですので、忘れないこと。納骨がすむとこの埋葬許可証は、納骨した寺や墓地の管理人が預かるのが通例です。
墓地を移転するときには、この証明書が必要ですから、もし遺族が保管するときには、大切に保存しておかねばなりません。なお、僧侶・神職・神父・牧師と埋葬式の日時を打ち合わせ、列席者のおよその人数も連絡しておきます。墓地や納骨堂が遠い場合は、僧侶などの司会者と参列者の送迎の車を手配します。


埋骨式(納骨式)の順序

仏式の埋骨式では、まずお骨を墓の中に安置し、遺族・近親者の手で土をかけて埋葬し、墓石がまだ整っていないときには、白木の墓標を立てておきます。埋骨が終わると僧侶の読経の中を一同で焼香し、冥福を祈ります。納骨堂に納める納骨式の場合は、遺骨を箱型の納骨檀の中に安置し、その前に焼香台を置き、一同が集まって同じように読経焼香をします。
キリスト教式の埋骨式では、埋骨・納骨が終わると、神父あるいは牧師が祈祷し一同で聖歌を歌うなどして埋葬を終わります。

ご奉仕価格商品

リスト四十九日お返し 特価商品

四十九日法要のマナー

リストエターナルフレンズ一覧

四十九日法要のマナー

リスト四十九日法要

挨拶状

リスト挨拶状・メッセージカード

包装紙

リスト包装・ラッピング

のし紙

リストのし・掛け紙

FAX注文書

リストFAX注文書ページへ

即日発送

■相互リンクについて

>>相互リンク申込はこちら

ベリサイン
ご購入情報はSSL暗号化通信により保護されます。安心してショッピングをお楽しみください。

ご注文方法

 

送料について 奉書一覧 のし紙一覧 包装紙一覧
お買い物情報
ページトップへ

★おすすめ姉妹サイト

結婚式引き出物 出産内祝い 就職祝い